ストレスが原因で炎症や潰瘍などの病変を伴わない

主にストレスから、腸が慢性的な機能異常を起こしている状態で、炎症や潰瘍などの器質的な病変を伴わない疾患です。かつては過敏性大腸症候群と呼ばれていましたが、大腸だけでなく、消化管全体に機能障害がみられることから、過敏性腸症候群と言われるようになりました。
症状としては、下痢や便秘、腹痛、下腹部の張りなどが起こります。また、腹部症状以外に、不安や抑うつなどの精神症状を伴うこともあります。
なお、過敏性腸症候群の症状には大きく分けて、下記の4つの種類があります。

  • 便秘型:腹部の痛みや張りを伴う便秘が特徴的
  • 下痢型:腹痛を伴う下痢が特徴的
  • 混合型:便秘と下痢の症状を併せもつ
  • 分類不能型:上記のいずれにもあてはまらない

症状が重くなるとQOLが低下

日本人では10~15%に認められる頻度の高い病気で、日本を含む先進国に多い病気です。症状が重い場合には、電車や車の中で急にトイレに駆け込みたくなるため、学校や会社に行けなくなったり、外出を控えるようになったりと、QOL(生活の質)を低下させてしまうケースも、しばしば見受けられます。

胃腸が敏感に反応する

原因は、不安・緊張などのストレス、疲労、暴飲暴食、アルコールの過剰摂取、不規則な生活習慣などです。そもそも胃腸はストレスに敏感に反応する臓器であるだけに、ストレスの影響は特に大きいと考えられます。

過敏性腸症候群の治療

薬物療法によって消化器症状を抑えたり、ストレスや不安を和らげたりする治療が行われます。精神療法が併用されることもあります。
また、患者さんご自身が規則正しい生活リズムを取り戻すことも大切です。夜はしっかりと睡眠をとり、栄養バランスのとれた規則正しい食事と適度な運動を心掛けてください。